お金がどうしても必要だが総量規制やカードローンの審査などで資金を調達できない時に、危険であることを知りながらも闇金融に頼ってしまうことがあります。

トラブル
総量規制以降は借りられるお金の上限が、年収の3分の1までと決まりましたので、銀行やアコムやプロミスなどの一般的な消費者金融からはそれ以上をお金を借りられなくなっているので、余計にヤミキンの利用者が増えているようです。


しかし闇金融は違法に高い金利でお金を貸しているので返済に困ったり、一度借りたら縁が切れなくなったりします。闇金融とのトラブルに関する相談は、それを専門としている弁護士や司法書士にするのが良いです。

一般人との交渉では脅しなど強硬手段が取れますが、弁護士といった法律のプロがいるだけで違法行為ができなくなります。違法行為が確認されれば警察に捕まってしまうためです。闇金融対策に力を入れている弁護士や司法書士は、24時間体勢で警察と連携しながら特別にチームを組んでいます。

社会的弱者の救済を目標としているので、費用の心配は不要です。法律家の存在を知らせるだけで、少額の借金に付けた高い利子を回収するメリットが無くなり、取立てを止めるように通知した時点で悪質な行為が止まることも多いです。

弁護士などに相談すると、闇金融への取立てをストップさせて、着信拒否や闇金融との銀行口座の凍結など自分一人では難しい対応が可能です。よって相手の銀行口座番号や書類に記載した個人情報など覚えている限り全ての情報を打ち明けるのが良いですよ。

警察に相談するだけではトラブルは解決できないケースが多いです。闇金融は警察の動きをよく知っているので、簡単には捕まらないように対策を取っています。

警察は民事不介入の原則から犯罪被害が確認されてからでないとトラブル解決へ動くことができません。実際に暴力を振るわれたなど目に見える被害がないと、街の交番では対処できません。よって被害を被る前に弁護士や司法書士に相談し、警察にも知らせることが大切です。トラブルが解決してからも、他の闇金融から連絡や接触があった時は、担当の弁護士に伝えて警察に行き、毅然とした態度を取ることで被害を防ぐことができます。

ただ、法律事務所や司法書士事務所に相談するには、お金が必要なので手持ち資金が無い方の中には、相談をちゅうちょされる方も多いかと思います。ですが、次のホームページで紹介されているように、無料で相談可能な法律事務所もありますので、今現金がない場合にはそのような事務所に相談をするのがおすすめです。